『かぼちゃんサラダ』

カボチャは1玉買うと、2、3品作れるくらいの量があるし、スープやサラダ、メインやデザートなど、色々と使えて嬉しい野菜です♪
その上、栄養満点のとってもいい子です。長期保存できるのも魅力ですね。

今日のレシピはそんなカボチャを使った『かぼちゃんサラダ』です。

b0171839_1033332.jpg


カボチャは、栄養価の高さが野菜でトップクラスの緑黄色野菜。
特にビタミンA、C、Eが豊富で、美肌作りや生活習慣病予防に効果的です。
食物繊維も豊富で、整腸作用、便秘予防にも効果的。
皮とワタの方が果肉よりも栄養があるのでぜひ一緒に食べましょう。

栄養満点のおいしいサラダ。冷やしていただくと食欲も進みます♪

『かぼちゃんサラダ』

◇ 材 料   (4人分) ◇

・カボチャ    ・・・1/2個(600g)
・胡瓜    ・・・1本
・人参    ・・・1/2本
・ハム    ・・・30g
・塩・こしょう    ・・・適量
・マヨネーズ    ・・・大さじ2

◆ 作り方 ◆

1.カボチャは種を取って、皮つきのまま一口大に切る。耐熱皿に並べ、大さじ1の水をふり、
  レンジ(600w)で5分加熱する。(茹でてもOK!)

2.人参は千切り、胡瓜は薄くスライスする。小さじ1の塩で塩もみして、しばらく置き、水気が
  出たら絞る。

3.カボチャが熱いうちに塩こしょうをして潰しながらざっくりと混ぜる。

4.カボチャの粗熱が取れたら、②と短冊切りにしたハム、マヨネーズを加えて混ぜる。
  塩こしょうで味を調えたら、出来上がり。


□ カボチャの保存方法 □
丸ごとなら、10℃前後の風通しのよい所で1~2ヶ月保存可能です。
カットしたものは、種とワタを取り除き、ラップして冷蔵庫に入れ、早めに食べ切りましょう。
長期保存の場合は、蒸すか茹でて、小分けにして冷凍庫へ。
[PR]
# by okajirushi | 2010-09-06 10:36 | レシピ

『ゴボウときのこのナムル』

9月に入りましたね。
登校する小学生の列を見ながら、母親気分で出社しました。

さて、今回のレシピは『ゴボウときのこのナムル』です。
b0171839_1034223.jpg


残暑が大変厳しいですが、食卓で秋の訪れを少し感じることができる嬉しい1品です。

ゴボウは二種類の食物繊維を大変豊富に含み、水溶性のイヌリンは糖尿病の予防、不溶性のリグニンは便秘解消に効果的です。

旨み成分や香りは、中心よりも皮の部分に多いので、皮は剥かずにたわしや包丁の背でこするくらいでOKですよ!きのこはいろんなきのこで作ってみてください。

さっぱりとした味付けのナムルは冷めてもおいしく日持ちもしますので、常備菜にもなります♪


『ゴボウときのこのナムル』

◇ 材 料   (4人分) ◇

・ゴボウ   ・・・1/2本
・えのき茸    ・・・1袋(100g)
・しめじ     ・・・1袋(100g)
(エリンギ、舞茸などお好みのきのこを入れてください♪)
・ごま油    ・・・大さじ2
●おろしにんにく     ・・・小さじ1
●醤油    ・・・大さじ2
塩・こしょう    ・・・少々

ごま    ・・・適量


◆ 作り方 ◆

1.ゴボウは良く洗い、ささがきにしてさっと水にさらしてアクを抜いておく。えのきは2等分、
  しめじは小房にばらしておく。

2.フライパンにごま油を敷き、ゴボウを炒めて、きのこを加えてさらに炒めたら、●の調味料を
  加える。

3.汁気を飛ばし、塩・こしょうで味を整え、ごまを振ったら出来上がり。
[PR]
# by okajirushi | 2010-09-01 10:13 | レシピ

『れんこんの梅きんぴら』

大変厳しい残暑が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

そんな中、昨晩は、吹く風の中にふわっと秋の気配を感じました。
今年は秋の季節はほとんどなく、一気に冬に入るのではと言われてます。
せっかく日本に生まれたのですから、四季を感じながら生きたいですね。

農作物への影響もないか心配です。

さて、今回のレシピは  『れんこんの梅きんぴら』  です。
b0171839_1010368.jpg


今回は定番の「れんこんのきんぴら」に梅干しを混ぜて、さっぱり夏味の1品をご紹介します。

れんこんはビタミンCやミネラルが豊富で、美容・健康維持にぴったりの野菜です。
さらにれんこんには不溶性の食物繊維が豊富で、便通を良くする他に、腸内の発ガン物質を
排出して大腸ガンの予防、動脈硬化や高血圧予防効果が期待できます。
切ったときに引く糸は、粘りの成分ムチンで荒れた胃を整えてくれます。

猛暑続きでビールがおいしく、ついつい食べすぎ飲みすぎで、胃が荒れた方にも嬉しい野菜ですね♪



『れんこんの梅きんぴら』

◇ 材 料   (2人分) ◇

・れんこん   ・・・1/2本(150g)
・ごま油    ・・・大さじ1
・梅干し     ・・・大1個

●かつおぶし    ・・・ひとつまみ
●みりん     ・・・大さじ1
●酒    ・・・大さじ1
●醤油    ・・・小さじ1
●砂糖    ・・・小さじ1

青じそ    ・・・少々


◆ 作り方 ◆

1.れんこんは4~5cm長さの棒状に切り、さっと水に通して、ザルにあげる。青じそは細切り
  にする。
  
2.梅干しは種を除いて、包丁で細かくたたき、●と混ぜておく。

3.フライパンにごま油を熱し、れんこんを2~3分炒め、②を回し入れて、フタをし、2~3分蒸
  し煮にする。

4.フタを取り、汁気が飛んだら器に盛って、青じそをのせて、出来上がり♪


しゃきしゃきっと歯ごたえのいいれんこんを食べて、元気に残暑を乗り越えましょう!
[PR]
# by okajirushi | 2010-08-27 10:18 | レシピ

『トマゴーヤチャンプルー』

暑く厳しい夏を涼しく過ごす日本の知恵。

打ち水、うちわ、風鈴。
「暑さから逃れる」のではなく、「暑さを楽しむ」先人の知恵はすばらしいものです。

最近はビルや家屋の壁にゴーヤを育てて、『緑のカーテン』を作っている話もよく耳にするようになりました。
状況にもよるようですが、日光を遮る効果と、植物が水蒸気を放出する蒸散作用で建物内が5℃前後涼しくなるそうですね!

涼しく過ごし、育ったゴーヤもいただくことが出来て、一石二鳥すばらしい知恵です!

今回はそんなゴーヤを使ったレシピ 『トマゴーヤチャンプルー』 です!

b0171839_12442758.jpg


旬のゴーヤの定番料理『ゴーヤチャンプル』にトマトを入れたレシピです♪
トマトの甘み、酸味がゴーヤの苦みを和らげます。
ゴーヤが苦手な方にも食べやすいゴーヤ料理なので、ぜひ挑戦してみてください!

ゴーヤの苦味成分には免疫力を強化し、糖尿病やガンの予防効果があり、
ビタミンCもたっぷり含まれています。本来なら加熱には弱いビタミンCですが、ゴーヤのビタミンCは加熱してもほとんど失われないという特徴を持っています。

トマトにも強い抗酸化作用があり、ガンや老化を予防する効果が期待できます。
油で加熱することより栄養の吸収力がUPするので、まさに夏バテを吹き飛ばす栄養たっぷりのレシピです!


『トマゴーヤチャンプルー』

◇ 材 料 ◇

・ゴーヤ    ・・・1本
・トマト(中玉)    ・・・2個
・豚肉    ・・・150g
・卵    ・・・1個
・木綿豆腐    ・・・1丁

●しょう油    ・・・大さじ2
●酒    ・・・大さじ2
●鶏がらスープの素    ・・・小さじ1と1/2
●塩・こしょう    ・・・適量

・かつおぶし    ・・・適量
・塩(塩もみ用)    ・・・少々
・油    ・・・適量



◆ つくり方 ◆

1.ゴーヤは縦半分に切り、中の種とわたを取り除き、
  2~3mm程の薄切りにして塩でもみ、しばらく置いて水で洗い、水気を切る。

2.豚肉は一口大に切り、豆腐は水切りして、手で一口大にちぎる。

3.フライパンに油を熱し、豚肉、ゴーヤの順に炒め、火が通ったら豆腐を加え、水気を飛ばす。

4.●の調味料で味を整えて、溶き卵を回し入れ、ざく切りしたトマト、かつおぶしを加えて出来上がり♪


■ ひとくちメモ ■

ゴーヤは塩もみした後、 片栗粉をまぶして熱湯でさっと湯がくとさらにゴーヤの苦みが和らぎます。
[PR]
# by okajirushi | 2010-08-06 12:53 | レシピ

『ナスと鶏のうんめぇ~煮』

毎日、暑い日が続きますね!

『暑い暑い言ってたら、暑い病になるよ!!』
と母に言われたのを思い出します。今思えば、暑い病っておもしろいですね037.gif

暑い夏には今回のレシピ 『ナスと鶏のうんめぇ~煮』 がおすすめです♪

b0171839_12565694.jpg


梅干しで煮たうんめぇ~煮はさっぱりとした味で食欲がない夏に持って来いの1品です。
さらに、梅干し効果で夏の疲れを吹き飛ばします!

鶏のミンチで作るので冷やしていただいてもおいしくいただけます♪




 『ナスと鶏のうんめぇ~煮』 


◇ 材 料 ◇

・ナス    ・・・3本(400g)
・鶏ミンチ    ・・・150g
・梅干し    ・・・4個

●水    ・・・1カップ
●だしの素    ・・・小さじ1
●みりん    ・・・大さじ1と1/2
●しょう油    ・・・大さじ1/2

・塩    ・・・少々
・青じそ    ・・・適量


◆ つくり方 ◆

1.ナスはへたを落とし、縦半分に切り、乱切りにして、塩水にさらす。

2.鍋に●の調味料を入れて煮立て、梅干しをちぎって加える。

3.鶏ミンチとナスを加え、煮立ったらフタをして弱火で10分ほど煮る。
  器に盛り、千切りした青じそをのせて、出来上がり♪


このままでもおいしいですが、ナスの皮をむいて作っても味がしみやすく、食感もまたひと味違っておいしいです。
その場合は皮を捨てずに熱湯でさっとゆがいて冷水に取り、おろし生姜とポン酢でいただきましょう♪


■ ナスの皮には栄養たっぷり♪ ■

ナスの紫色はアントシアニン系の色素であるナスニンです。
ポリフェノールの一種で、活性酸素の働きを抑制し、血管をきれいにし、
ガン予防や動脈硬化、高血圧の予防に効果があるといわれています。


野菜をしっかり食べて、夏バテ知らずで頑張りましょう!
[PR]
# by okajirushi | 2010-07-31 13:03 | レシピ


野菜・果物をもっとおいしく


by okajirushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外部リンク

カテゴリ

全体
野菜
果物
レシピ
市場の話題
日々のこと
食育
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
料理・レシピ

画像一覧