カテゴリ:食育( 26 )

梅の講習会

この度の西日本豪雨により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

この度は、県内だけでなく県外も含めて広範囲に及ぶ被災により、市場では全般に入荷量も減り、価格は安値だった昨年に比べ、高めで推移している品目も多数あります。
また、今回の豪雨被害に加え、その後の記録的な高温・干ばつによる影響が追い打ちをかけてより深刻な状況になっています。明日には台風12号も襲来するようで、先が見えない状況です。

とは言え、今年の猛暑は例年になく厳しいので、熱中症対策にぜひ新鮮な野菜、果物から水分と栄養補給を!夏が旬の野菜は、体を中から冷ましてくれますよ124.png
あわせて、夏バテ防止に、新鮮な野菜・果物をおすすめします165.png


さて…1か月以上前のレポートになりますが、梅の講習会の報告をしたいと思います。
ちょうど今のこの蒸し暑い季節には講習会で作った梅シロップが最高に美味しいです。
夏バテ気味の体にクエン酸がよく効いて元気になれますよ。

b0171839_16172023.jpg
       ↑会場の様子。お子さんの出席も多く、賑やかに開催できました!

b0171839_16173742.jpg

↑和歌山からおいでいただいた梅講師の富家先生。

b0171839_16180354.jpg

↑子供たちにジャム作りを手伝ってもらっています。

講習会の内容としては、
①紀州梅の品種別特徴と加工用途
②梅の生育概況
③梅ジャムの作り方(実演・説明)
④ジップロックでの梅干の作り方(実演・体験)
⑤梅ジュースの作り方(実演・体験・試飲)
⑥困った時の「Q&A」
⑦質疑応答
でした。本場ならではの話や、質問もたくさんできますのでとってもおすすめのイベントです。
現段階では、今後も年に1度は開催したいと思っていますので、
ぜひチェックしてくださいね!








[PR]
by okajirushi | 2018-07-24 11:03 | 食育

遅くなりましたが先日実施しました砂丘らっきょう漬け方講習会」のレポートです。
当日は、岡山県学校給食会様に会場をお借りし、繁忙期ながらも本場鳥取から
らっきょう生産者の岩崎様、全農とっとりの中村様を講師としてお招きし、漬け方を実際に教わりました。113.png

らっきょうができる環境や植え付けから収穫までの作業のお話、
生産にまつわる苦労話など生産者ならではのお話をたくさん聞くことができました。110.png  
b0171839_13355227.jpg

b0171839_13354374.jpg

↑らっきょう畑の様子やのカットの説明の様子
↓会場の様子
b0171839_14361145.jpg

b0171839_14362815.jpg


ちなみに、漬け方には簡単漬け本漬けがあります111.png111.png111.png

b0171839_14163999.jpg


b0171839_14165192.jpg


漬けたものを活用したレシピもあります162.png
b0171839_14245056.jpg


しそフラワーらっきょう急な来客にもさっと作れて華やかで美味しいので産地イチ押しのレシピです。今回の講習会でも作って試食しましたが大好評でした110.png

ちなみに、砂丘らっきょうはGI認定を受けています!
GIとは…

b0171839_14172530.jpg


b0171839_14171595.jpg


らっきょうのシーズンも終盤を迎えています!
毎日の健康にぜひ漬けてみてください162.png
ご自分で漬けられたら格別の美味しさですよ164.png



[PR]
by okajirushi | 2018-06-21 13:55 | 食育

************このイベントの募集は締め切りました*************

昨日に引き続き…

今度は、和歌山県産梅の講習会参加者募集のお知らせです。111.png111.png111.png
b0171839_14315018.jpg

本場和歌山県から、講師をお招きし、本場ならではのお話と
梅干や梅シロップ作りなどを体験していただけます!162.png


開催日が土曜日のお昼からですので、
お子様と一緒に参加されてみてはいかがでしょうか?
もちろん、大人のみでお友達との参加もOKです!
ご自分で漬けたものはお持ち帰りいただけます110.png

募集方法はeメールです。
らっきょうのアドレスと違いますので、ご注意ください!
よりたくさんの方に体験していただく為、このイベントに関しても
初めての方優先による抽選を行います。ご了承ください。

また当落に関わらず、抽選後に返信しますので
メールを受け取れる設定にしておいてください。

それでは、お待ちしておりま~す!
締め切りは5月26日(土)ですよ~!


[PR]
by okajirushi | 2018-04-28 08:00 | 食育

*************このイベントの募集は締め切りました***************

ご無沙汰してます!

新年度になりまして、最初のブログは…

砂丘らっきょう漬け方講習会参加者募集のお知らせです!111.png111.png111.png

b0171839_14111956.jpg
毎年大好評のこの企画!174.png113.png
産地の方のお話を直接聞くことができ、実際に漬け方のポイントも
一緒に調理しながら教えていただけます!


漬けたことなくて教えてもらいたい!という方はもちろん、

毎年なんとなくうまく出来ないのよね~という方や
本場の味に近づきたい!と思われている方におすすめです!


募集方法は、今年はeメールです!
毎年応募者多数の為、初めての方優先による抽選を行い、
当落に関わらずメールにて返信いたしますので、返信のメールを
受け取れるように設定をよろしくお願い致します。

それでは、お待ちしております!
締め切りは5月19日(土)までですよ~162.png


会場となる、(公財)岡山県学校給食会 の地図です。
b0171839_14445491.jpg



[PR]
by okajirushi | 2018-04-27 14:09 | 食育

第8回 桃の食育

岡山では、明治時代に入ってから桃の本格的な栽培が始まり、その後多くの
品種が育成され、飛躍的な発展を遂げてきました177.png
特に”岡山の白桃”は、色の美しさ、ち密な果肉、糖度の高さ、芳醇な香り
などから、全国的にその名が知られています。

そんな中、
「岡山特産の白桃をもっと子供達に知ってもらい、
  食べて欲しい」
との思いを込めて、
・JA岡山(一宮選果場果樹部会)
・JA全農おかやま
・(株)岡山丸果
が協力して、平成22年から始まった「桃の食育」も今年で8回目と
なりました。

今年は、岡山を代表する品種「清水白桃」の発祥の地でもある一宮にある桃丘
小学校の3年生に「桃の食育授業」を行いました。
3年生の子どもたちは、学校で桃について勉強していたり、校庭で桃を栽培して
いることもあって、とても熱心に話を聞いてくれました。
クイズにも積極的に参加してくれました。


b0171839_12281388.jpg

メモをたくさん取ってくれて、とてもたくさん質問があがりました。



b0171839_12270965.jpg

産地からは、JA岡山 高松営農センターの河原センター長と武田主査が来て
下さり、子供達の質問にとても分かりやすく答えて下さいました。
説明をしっかり聞いていないと出ないような質問が次々あがり、感心する
ことしきりでした。
お昼の校内放送では、武田主査とJA全農おかやまの豊田さんより
子供達に桃の贈呈がありました。

b0171839_13401201.jpg

今日の給食には、JA岡山一宮選果場果樹部会から「白鳳」と言う品種の
桃が、なんと一人1玉ずつ提供されました。

しかも、サプライズゲストとして、桃の妖精「はっぴーち」
駆けつけてくれました113.png

b0171839_14342688.jpg

全クラスを回りましたが、どこにいっても大人気のはっぴーちでした157.png


b0171839_14280328.jpg


b0171839_14283807.jpg


ちなみに、後姿もかわいくて、おしりはハートマークになっています102.png
b0171839_14312011.jpg

今回の「桃の食育」では、桃丘小学校の矢延校長先生をはじめ、
多くの先生方と子供達、
JA岡山一宮選果場果樹部会の方、
JA岡山高松営農センターの河原センター長、武田主査、
JA全農おかやまの豊田様、はっぴーち、
皆様、大変お世話になりました110.png



[PR]
by okajirushi | 2017-07-22 14:52 | 食育

お待たせしました110.png

らっきょう漬け方講習会のレポートです111.png

今年もたくさんの方にご応募いただき、ありがとうございました。
大勢の方に応募いただき大変感謝しています。ただ、応募者多数のため、
止むを得なく抽選を行い、お断りしなくてはならず、申し訳ありませんでした。
今年から初心者の方優先にさせていただきましたので、全員初心者となりました。162.png
次年度以降も実施する予定ですし、次年度も初心者優先にしますので、
初心者で落選された方はこれに懲りずに次年度も応募してくださると嬉しいです!102.png

今年の会場の様子です。
b0171839_15192137.jpg


今年も岡山県学校給食会様に会場を使用させていただきました。
毎年大変お世話になっております。いつもありがとうございます。113.png

今年は砂丘らっきょうがGI認定を受けていることから、中四国農政局の中山様に
ご出席いただき、GI認定についてのお話も聞きました106.png

b0171839_15194142.jpg


GI認定は、簡単に認定を受けられるものではなくその土地・気候・風土に根付き、その場所でしか産み出せない食味、まさにオンリーワンな商材にだけ認定されるそうです165.png
国のお墨付きという印ということで、今まで以上に砂丘らっきょうが輝いてみえました174.png

その後、産地紹介をJA全農とっとりの中村様に、
講師として生産者の奥田様にお話等をお聞きしました162.png

b0171839_15193088.jpg


ちなみに砂丘らっきょうができるまでは…
なんと焼けるような暑さの砂地に1粒ずつ手作業での植え付け!!から始まります153.png

b0171839_15442671.jpg


こちらは、根付らっきょうの切る位置を説明しています110.png
あまり根にぎりぎりで落としてもいけないし、芽の方もちょうどよい
ラインがあるそうです。

b0171839_15201169.jpg


b0171839_15444027.jpg


b0171839_15444794.jpg

ちなみに、当日はかんたん漬けを作りました。

途中3種類の甘酢漬けの試食もしました111.png
1.今年のかんたん漬け(黄)
2.去年のかんたん漬け(緑)
3.去年の本漬け(赤)
b0171839_15202449.jpg

食べ比べると、まぁ違います114.png
(若い方は2の去年のかんたん漬けを好まれる方も多いみたいです)
私は、去年の本漬けが一番うまみが濃いと思いました124.png
 塩漬けする時の乳酸発酵が効いているのでしょうね!

こちらは、しそフラワーらっきょうです。
かぶのらっきょう酢漬けと、中に大葉とハムとらっきょうの甘酢漬けを
はさんであります。晩酌のお供にぴったりだそうです167.png
 
b0171839_15203176.jpg

それから、らっきょう酢!奥田さんいわくらっきょう酢は何にでも使えるから
捨てる人がいると知ってびっくり!だそうです(はい、私捨てていました145.png
奥田さんにかかれば、らっきょうの薄い皮(皮がどこまでかは自分で決める部分もありますが…)とらっきょう酢を煮つめて、佃煮になります103.png
他にも餃子のたれの代わりに使用したり、刻んで餃子に入れたり、
オリーブオイルと合わせてドレッシングにしたり、
もちろんゆで卵とマヨネーズでタルタルソースにしたり、
中村さんは鶏肉と炒めても美味しいと教えてくださいました!111.png

JA鳥取いなばのらっきょう酢は市販の物より酸度がきつめで、
成分も良いから生産者おすすめだそうですよ!レシピもアップしますね166.png
b0171839_15210692.jpg

b0171839_15211584.jpg

 私もおすすめです!漬けるなら今ですよ~110.png 
 ぜひチャレンジしてみてください162.png



[PR]
by okajirushi | 2017-06-13 17:07 | 食育

***このイベントの募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。***


お待たせしました!103.png

今年も、らっきょうの季節がやってきましたよ~110.png

そこで、恒例の
本場鳥取県産砂丘らっきょうの漬け方講習会
を今年も開催します!

b0171839_15334260.jpg


ご注意ください。

今年は先着順ではありません。
ハガキにて受け付けますので、奮ってご応募ください!
当選者のみハガキにて返信致します。


締め切りは、5月24日(水)消印有効にしていますので、
お忘れなくお早めに申し込みください!110.png





[PR]
by okajirushi | 2017-05-09 16:01 | 食育

***このイベントの募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。***

桜も散り、ぽかぽかお天気で汗ばむ陽気になってきましたね~174.png

早速ですが、今年もやります!


梅の講習会!

梅の本場和歌山から生産者を招いて、梅シロップと梅干の作り方などを教わります113.png

昨年は大好評をいただき、募集もすぐ埋まってしまいましたので
今年は定員を1.5倍に増やしてお待ちしております110.png




b0171839_15572635.jpg


今年は、ハガキにての募集になりますのでご注意ください165.png
初めての方優先で抽選をしますが、空きがあればリピーターの方も
抽選しますので、奮ってご応募ください162.png


対象者は小学生以上(小学生は必ず保護者同伴)になっていますが
大人一人からでも大丈夫です。

締切が5月20日(土)当日消印有効になっておりますので、お早めに応募して下さい。
当選者の方のみに締め切り後にハガキにてご連絡差し上げます。

分からないことなどあれば、お問い合わせは
(株)岡山丸果 086-264-8211  (水・祝祭日を除く9時~16時)
田中までご連絡ください。
よろしくお願いします110.png

追伸:近日中にらっきょうの漬け方講習会(6月の予定)の募集も
始めますので、ブログチェックしてくださいね126.png


[PR]
by okajirushi | 2017-04-28 14:45 | 食育

7回目の桃の食育

b0171839_1129482.jpg


7月15日(金)

JA岡山一宮選果場果樹部会、JA全農おかやま、(株)岡山丸果の共同開催で平成22年から

始まった「桃の食育授業」も本年で7回目となります。

今年は岡山市立牧石小学校での開催で、2時間連続授業という初の試みとなりました。


3時間目・・食料の生産から流通までを勉強している5年生たちと「桃の栽培から消費まで」を学習しました。

          ※桃の生産から出荷まで 先生 JA全農おかやま 別所さん

          ※市場流通について    先生 ㈱岡山丸果 田中さん

4時間目・・自分が住む地域について勉強している3年生たちと「桃の栽培」について学習しました。

          ※先生 JA岡山一宮果樹部会桃部販売委員長 蜂谷さん

 まさしく、先生はその道のプロばかり!!005.gif

  これだけの講師を揃えて話を聞ける機会はほぼないので、子どもたち以上に大人の方が勉強に

 なったかもしれません012.gif

 
  “白桃”とは文字のごとく「白い桃」。全国的に「赤い桃」が普通の中で、「白い桃」は大変に珍しいこと。

 岡山県は桃の全国生産量では第5位ですが、白桃の生産量では岡山県が日本一!


   岡山の白桃は白くて、柔らかくて、甘いのが特徴。その白桃を作るためには、まだ小さな桃の実に

 ひとつずつ袋掛けをするという大変な作業が必要であること。


 などなど、いろいろなお話を聞くことができました。


  
  さあ、いよいよ、お待ちかねの給食時間です。

  今日の献立は、ウィンナーサンド、牛乳、野菜スープ・・

  そして 

白桃!!

1人1玉ずつ


です。


 給食時間の間、桃の妖精”はっぴーち“

b0171839_1191469.jpg


が3年生と5年生のクラスを訪問しました。

 もう、みんな、大興奮で喜んでくれていました070.gif071.gif

 ちなみにはっぴーちは

7/15 岡山市立牧石小学校

7/16 岡山市中央卸売市場

7/17 JR岡山駅

と連日大忙しだったようです。お疲れ様040.gifはっぴーち016.gif
 

 当企画の実施にあたりましては、岡山市学校給食会、岡山市立牧石小学校教職員のみなさまに

大変お世話になりました。特に、岡山市学校給食会事務局長の楢村様、牧石小栄養教諭の成田先生には、

企画の段階からご尽力いただきました。

 取材要請に応じていただいたOniビジョン様、神戸食品市場新聞様。

 みなさまに、あらためて厚くお礼申しあげたいと思います。

 ありがとうございました040.gif
[PR]
by okajirushi | 2016-07-22 10:49 | 食育

「砂丘らっきょう漬け方講習会」に続く季節物講座第二弾は、

「和歌山産梅の講習会」

です。

“梅”と言えば、まず思いつくのが“梅干し”、次に“梅酒”くらいでしょうか?

スーパーの店頭でも5月下旬くらいから、

梅とホワイトリカーと瓶が並んで、

ちょっと遅れて赤紫蘇が並んで、

それを見て、「もうそんな季節なんだ」・・

と、そこまで思う人は多いはず。

問題はそこから先!034.gif

013.gif「梅ってどうやって使うの」

015.gif「瓶とか、樽とか、重石とか、一年に1回しか使わないのに、買うのもね~」

042.gif「なんだかめんどくさそう」

と敬遠される方も多いのではないでしょうか?

ところが、なんとっ!!005.gif

梅には、家庭で誰でも簡単に作れるレシピがありますし、梅干しを簡単に漬ける方法もあるんです!!

今回は、和歌山県田辺市から2名の先生をお迎えしました。

梅の生産量日本一の和歌山県の知恵を学びましょう!

b0171839_15515173.jpg


参加者の方には、先生の指導を受けて、梅シロップの作り方と梅干しの漬け方を実習してもらいました。

b0171839_15531071.jpg


ジップロックを使って梅を漬ける方法を教えてもらいました。

b0171839_15592777.jpg


また、産地特製の梅シロップの「水割り」「牛乳割り」の試飲(もちろんどちらもノンアルコールです!)、

梅ジャムの試食もありました。

b0171839_1611125.jpg


 今回の講座も多くの応募をいただきながら、定員オーバーでかなりの方をお断りしなければなりませんでした。申し訳ございません040.gif

 来年度の開催は未定ですが、このブログを毎日ご覧いただいていれば、いち早く情報をゲットできるかもしれませんよ037.gif

 今回の講座を開催するに当たり、ご尽力いただいたJA和歌山県農様、和歌山県田辺市様には、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました040.gif
[PR]
by okajirushi | 2016-06-20 15:40 | 食育