カテゴリ:果物( 129 )

熊本産早生みかん初入荷

熊本産早生みかんが初入荷されました。

b0171839_1455168.jpg


早生は「わせ」と読みます。
以前、私の友達は見事、「はやう」と読んでみせました037.gif

みかんの時期で一番おいしいと人気の早生みかん。

早生みかん初入荷ということで、熊本の夢未来農協の方が来られました。

b0171839_15234393.jpg


部会長さんの話によると、

今年は、裏年で数量が昨年よりも少なくなりますが、この夏の天候で味はとても良く仕上がっている。
ここ数年で特に甘いみかんができた
そうです!!

今年はやや小玉サイズが多く、日当たりのいいところ(外側)からおいしいみかんができて収穫するそうです。

美味しいのは大変嬉しいのですが、その美味しくなったみかんをイノシシやカラスにやられると嘆いておられました。

美味しいものは、動物のほうがよーく知っているんでしょうね007.gif

ちなみに、みかんの木が1本あったらどの辺が一番美味しいと思いますか?

答えは、真ん中の部分だそうです。

いわゆる、木を地球にたとえると、赤道の部分です。

みかん狩りに行かれる方は、ぜひ参考にして下さい016.gif

みかんはビタミンCが豊富なので、これから寒くなる季節に風邪予防には持って来いです!

1日にみかんのMサイズ2個で、成人1人当たりの果実目標摂取量の200gをクリアできます!

手が黄色くなるくらいみかんを食べましょう!
[PR]
by okajirushi | 2010-11-05 15:28 | 果物

b0171839_15381099.jpg


今回のりんごは “早生ふじ”
早生ふじとは、本当の「ふじ」より1カ月早く成熟するふじの枝変わり品種を総称してこう呼びます。「枝変わり」って何?かと言うと、枝や芽の一部で突然変異が生じて、一部の枝に本来とは違うものが出来てしまうことです。

ふじは歯ごたえの良さ、酸味と甘味のバランスの良さが特徴。
その「ふじ」の血統を受け継ぐ早生のりんごが「早生ふじ」です
「ふじ」のようで「ふじ」でない何ともややこしい話です。
早生ふじには、弘前ふじ、やたか、昂林(こうりん)、紅将軍などがあります。

夢ひかりは弘前ふじ(無袋栽培のふじ)の中でも糖度13度以上に付けられる、JAつがる弘前の商標名です。
食味はふじに似ていますが、ふじより果肉がやや柔らかめでジューシーなりんごです。
運ばれてくる段ボールの柄もとてもきれい!!

b0171839_15383970.jpg


早生ふじはふじが出てくるほんの少しの期間しか出回りません。
ぜひみかけたらご賞味下さい。
[PR]
by okajirushi | 2010-10-29 15:32 | 果物

こんにちわ!
随分と寒くなりましたねー!
今日もりんごマスター頑張りまーす016.gif

今日のりんごはシナノスイート

b0171839_9131181.jpg


「シナノスイート」ってなにかご存知ですか?

話の流れから・・・ではなく、「りんごの品種に決まってるじゃない」と思ったあなたは、かなりのりんご通です038.gif

それとも、もう世間に浸透しているのでしょうか?053.gif

思い起こせば3年前・・・私が初めて『シナノスイート』を食べたその瞬間

「おいし~い」と叫んでしまいました012.gif

この時期に、こんなに甘いりんごがあるだなんて、目から鱗048.gif

今までのりんごの常識を覆す発見でした。

なんて大げさなってお思いのあなた!!

この感動は、食べた人にしか分かりません。029.gif

ぜひ、実際に食べて感じて下さい♪

■「シナノスイート」ってこんなりんご■

ふじとつがるを交配して、平成5年に生まれた品種。

果汁が多く、甘さも強く、香りもよく、食味のよいりんごです。

この時期りんごの食べ比べをすると、シナノスイートが1番人気!!

私は前回のトキが今のところ1番好きなりんごですが、幅広い年代から好まれているのはこのりんごのようです。

ここまで読んだら、一度食べてみたいと思いませんか?

だったら、またまたお急ぎを071.gif

いつまでもあると思ったら大間違い。美味しいものの旬は短いのです。

10月の中旬に出始めましたが、下旬には収穫が終わってしまいます。

年々生産量が増えているとはいえ、まだまだ一般のりんごに比べて数量が少なく、しかも値段が高いので、もしスーパーで見かけたら、ラッキーと思って下さい。

今が、旬の「シナノスイート」お勧めです。

赤いりんごといえば、“ふじ”というイメージが強いことを私はスーパーで試食販売をして感じました、

たくさんの品種があり、スーパーにいろいろ並べてありますが、それぞれの名前や特徴がわかる人はほとんどいないと思います。

ぜひ、この機会に知って頂いた上で、りんごを味わって頂けたらと思います。

b0171839_9205266.jpg


りんごの歌もあるようです♪
[PR]
by okajirushi | 2010-10-28 09:27 | 果物

今回のりんごは今まさに旬の「トキ」

b0171839_1414166.jpg


王林×ふじから作られた青りんごです。

平成4年に青森で登録されました。

皮の色はご覧のとおり黄色。

果汁が多く、食感がたまりません!!053.gif

果肉は硬めな方で、酸味と甘さがちょうどいいと思いました食べたらすごくおいしかったです。

今まで、青リンゴといえば王林しか知らなかった人は、ぜひ食べてみて下さい。

王林が好きな人は絶対好きになりますよ。

なんたって、王林とリンゴの王様ふじを掛け合わせていますから。

今食べないと、もうすぐ旬が終わってしまいます。

急いで、急いで。071.gif



・・・番外編
“アルプス乙女”


b0171839_1416428.jpg


写真右のかわいいりんご♪

名前と外見から、ふつうのりんごの大きさの3分の1くらいのとても小さくてかわいいアルプス乙女です。

主に、お祭りの屋台などで売られているりんご飴に使われています。

学校給食で登場し、子供が丸かじりするにはぴったりのサイズ。

ここ岡山丸果では長野産のアルプス乙女が入荷されています。

長野産アルプス乙女は「紅玉×ふじ」でできあがったそうです。

糖度は通常のりんごより甘さ控えめなのでそのまま食べると物足りないと感じる人もいるでしょう。

なので、サイズと味共に、りんご飴としてぴったりのりんごなのです!!

名前と外見のかわいさにとても惹かれます012.gif053.gif
[PR]
by okajirushi | 2010-10-25 14:19 | 果物

日生へ出張!

日生と言えば、昨日今年初めての水揚げされたカキが有名ですが!012.gif

備前市日生町にはたくさんの島々があります。

みかんが特産品で作柄調査に行ってきました。

実はここ日生のみかんは、岡山市の学校給食に供給されています。


船にのっていろんな島を回りました。

鴻島(こうしま)→頭島→鹿久居島へ

鴻島のお母さん手作りのいちじくジャムのロールケーキをごちそうになりました。016.gif

b0171839_10563662.jpg


甘さ控えめの上品なお味でした。053.gif

みかんは、実がたくさんなる年(表年)と少ない年(裏年)が交互にきます。
1年ごとに出荷量に差が出やすい品目ですが、今年は裏年にあたります。

しかも、夏場の高温と干ばつで、さらにダメージを受けていました007.gif

b0171839_1057581.jpg


でも、味は確かです!!

日生の生産者の方は、みかん作りはもちろんですが、その前に大変なのが動物対策008.gif

鹿久居島と言うだけあって、鹿はもちろん、なんとイノシシまで出没するのです。

他にも、狸やイタチ・カラスなど…

柵やワイヤーをしても、それをかいくぐって侵入してくるそうです。

夜のうちに荒らされて、私達が行った時も至る所に掘られた跡が残っていました。

私達は普段、動物園でしか見ることのない動物ばかりなのでびっくりしますよね。042.gif

もし出会っても鹿は襲ってくることはないそうですが、猪は目を合わさずにそーっと後ずさりするといいそうです。


山の中で、秋の風物でもある、あけびを発見しました。

b0171839_1121721.jpg


去年、生まれて初めて食べましたが、野生のあけびは見た目が悪いので覚悟して食べました。

が、見かけによらず甘くて美味しいんです011.gif053.gif

食べたことない人は、騙されたと思って一度食べてみてはいかがでしょうか?

感動すること間違いなし!!(古い?!)

山歩きの途中で蚊に刺されたのですが、そこで役に立ったのが、「アロエ」。

b0171839_1134115.jpg


アロエってやけどに効くというのは、知っていたけど、虫さされにも効くなんてビックリ!

何でも知ってるんだなぁと感心しました。

引き継いでいくべき大事な知恵です。045.gif

普段運動しないので、一日山歩きは疲れましたが、秋をたっぷり堪能することが出来て良かったです。

日生のみかんは、少し見かけは悪いけど、甘みも酸味もあり、コクのあるみかんです。

これぞみかんっていうみかんです058.gif

日生諸島では、みかん狩りを開催していますので、興味のある方はぜひどうぞ!



詳しいことはこちら→→→
www9.ocn.ne.jp/~hinase/
[PR]
by okajirushi | 2010-10-23 11:11 | 果物

そぅ、私はりんごマスター。

みなさんに少しでもりんごの種類、それぞれの特徴を知ってもらい、食べてもらえるようわかりやすく説明していきたいと思います018.gif

それではさっそく・・・

今回のりんご

“秋映(あきばえ)”

b0171839_10471181.jpg


千秋につがるを交配した品種。

秋映は着色の非常に良好な品種で、完熟するととても写真のような濃い赤黒い色になります。

色濃く紅葉した葉っぱのようできれいです。

果形は円形、大きさ300~350g中心の大玉が多く、果肉は硬めで、きめは中程度、黄白色で、蜜はほとんどありません。

糖度は高めで、酸味も中程度で、渋味は無く、香りが強く、果汁がたっぷりです。

甘味と酸味のバランスが良いと思います。

秋映は色がつくのが多品種より早いのが特徴。

「秋に映(は)えるりんご」である事から『秋映』と名をつけたそうです。

店舗にあるととても目につく色なので、ぜひみかけたらご賞味下さい。
[PR]
by okajirushi | 2010-10-20 10:54 | 果物

1日1リンゴで健康に♪

10月に入りました!
衣替えで、当社も今日から冬服。
でも、まだ少し暑いかな??058.gif

ところで、みなさん、1日1個リンゴを食べてますか?
「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」というイギリスの諺があります。
それぐらい、体にいいってことなんです!

今、よくスーパーで目にする「サンつがる」と言う品種。
また、サンが付かない「つがる」と言う品種もあります。

どう違うかご存知ですか?

b0171839_1529760.jpg


他のリンゴでも、「ふじ」と「サンふじ」も2品種あります。

これは袋かけをせずに栽培したリンゴは「サン・・・」と言う品種名で総称して呼びます。

無袋栽培と呼ばれる栽培方法で、太陽の光をいっぱい浴びて育ち、糖度が高く、とても美味しいリンゴが出来ます。

反対に、まだ実が小さい時から病害虫を防ぎ、着色を良くするために袋をかけて育てる方法を有袋栽培と言います。

無袋栽培のほうが蜜が入りやすい(品種によりますが)ので、有袋のものより甘いですが、食べ頃は3月一杯までで、それを過ぎると柔らかくなって味が落ちてしまいます。
有袋栽培は貯蔵性が高いことから3月以降に出荷されます。
1年間を通してリンゴをおいしく食べてもらうために、無袋と有袋で出荷する時期を変えています。
生産者の努力があって、私達は年中リンゴを食べることが出来るわけです。

今度、スーパーでリンゴを見かけたら、思い出してみて下さい。

生産者に感謝して、今日もおいしいリンゴをいただきまーす♪
[PR]
by okajirushi | 2010-10-01 15:22 | 果物

コンポート作り

「おいしいものは一気にやって来る。」

私の心得です。実家に帰ったときも、どこかに食べにいったときも・・・

毎日すこしずつ来たらいいのに、おいしいものは一気にやって来て、お腹がいっぱいで
食べられなくて、悲しい。という心得です。   ・・・幸せな悩みですね!037.gif

そして今日は果物が一気にやって来ました。

「藤稔(ふじみのり)」と「いちじく」1ケースずつ。

たくさんの果物に囲まれる嬉しさと、腐らせてしまわないかという不安・・。

ですので、コンポートに挑戦してみました。

根っからのいちじく好きの私。

実家にいたときは母が毎年買って来てくれて、もうやめときなさい!と言われるまで食べ

続けた覚えがあります。

とりあえず食べられるだけ食べて、残りはコンポートとジャムにしました♪

ぶどうも皮を剥いて、コンポートにしました。

b0171839_12561182.jpg


この季節はアイスに添えてもいいし、カキ氷にのせてもおいしいと思いました。
私は毎朝のヨーグルトにのせています。

ぜひ皆さんも果物が一気にやって来たときにはお試しください。

□ コンポートの基本の作り方 □

果物・・・1.5k
白ワイン(安いものでOK)・・・750cc
グラニュー糖(orハチミツ)・・・100g
※果物によって調節してください。私はいちじくは甘みが強いので、少なめにしました。
レモン汁・・・大さじ1

1.ぶどうの場合→ぶどうの粒を房から外す。熱湯に5~7秒くぐらせて冷水に取り、皮を剥く。
  (つるっと簡単に剥けます♪)種があったら取る。
  いちじくの場合→洗って、竹串で穴をあける。
  (私は皮を剥かずに作りましたが、少し口に残るので、ぶどう同様さっと熱湯にくぐらせて、
  薄皮を剥いてもいいかもしれません。)

2.鍋に白ワインを入れて、沸騰させてアルコールを飛ばす。グラニュー糖(orハチミツ)、
  ぶどうとぶどうの皮、もしくはいちじくを入れ、3~5分煮る。

3.レモン汁を加えたら出来上がり。ぶどうは皮を除く。
  冷蔵庫で一週間近く持ちます。

ドレッシングにしたり、ぶどうはお肉と一緒に炒めたりしてもおいしいと思います。

果物のエキスたっぷりの白ワインも料理の隠し味として大活躍してくれそうです。
[PR]
by okajirushi | 2010-09-10 12:58 | 果物

b0171839_1763617.jpg

 写真のすもも、皆さんの目にはどう映りますか?
 違う品種のように見えないでしょうか?
 実はこのすもも、どちらも「ソルダム」という同じ品種です。
 色めが全く違いますよね。写真左側の青い方が熟す前のソルダム、
右側が食べ頃に熟れたソルダムです。
 ソルダムは、店頭では青い状態で売られています。そのため、買った
あとは追熟(食べ頃になるまで熟させること)が必要です。常温で保存し
追熟させます。
 完熟したらすぐに食べきるのがよいのですが、食べきれない場合は、
新聞紙や紙袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。ただし、完熟した
すももは日持ちしないので、なるべく早く(3~5日以内)に食べるようして
ください。

 熟したすももからは、甘くてよい香りがしてきます。食べる時には、ぜひ
味覚だけでなく香りも楽しんで頂きたいと思います。リラックス効果があり
そうですね。

 写真例の左側から右側になるまで約3日くらいだそうです(すもも販売
担当談)が、室温によって熟度の進み方にも違いがあると思いますので、
写真を参考にして頂いておいしいすももを味わって頂きたいと思います。
[PR]
by okajirushi | 2009-07-11 17:14 | 果物