第8回 桃の食育

岡山では、明治時代に入ってから桃の本格的な栽培が始まり、その後多くの
品種が育成され、飛躍的な発展を遂げてきました177.png
特に”岡山の白桃”は、色の美しさ、ち密な果肉、糖度の高さ、芳醇な香り
などから、全国的にその名が知られています。

そんな中、
「岡山特産の白桃をもっと子供達に知ってもらい、
  食べて欲しい」
との思いを込めて、
・JA岡山(一宮選果場果樹部会)
・JA全農おかやま
・(株)岡山丸果
が協力して、平成22年から始まった「桃の食育」も今年で8回目と
なりました。

今年は、岡山を代表する品種「清水白桃」の発祥の地でもある一宮にある桃丘
小学校の3年生に「桃の食育授業」を行いました。
3年生の子どもたちは、学校で桃について勉強していたり、校庭で桃を栽培して
いることもあって、とても熱心に話を聞いてくれました。
クイズにも積極的に参加してくれました。


b0171839_12281388.jpg

メモをたくさん取ってくれて、とてもたくさん質問があがりました。



b0171839_12270965.jpg

産地からは、JA岡山 高松営農センターの河原センター長と武田主査が来て
下さり、子供達の質問にとても分かりやすく答えて下さいました。
説明をしっかり聞いていないと出ないような質問が次々あがり、感心する
ことしきりでした。
お昼の校内放送では、武田主査とJA全農おかやまの豊田さんより
子供達に桃の贈呈がありました。

b0171839_13401201.jpg

今日の給食には、JA岡山一宮選果場果樹部会から「白鳳」と言う品種の
桃が、なんと一人1玉ずつ提供されました。

しかも、サプライズゲストとして、桃の妖精「はっぴーち」
駆けつけてくれました113.png

b0171839_14342688.jpg

全クラスを回りましたが、どこにいっても大人気のはっぴーちでした157.png


b0171839_14280328.jpg


b0171839_14283807.jpg


ちなみに、後姿もかわいくて、おしりはハートマークになっています102.png
b0171839_14312011.jpg

今回の「桃の食育」では、桃丘小学校の矢延校長先生をはじめ、
多くの先生方と子供達、
JA岡山一宮選果場果樹部会の方、
JA岡山高松営農センターの河原センター長、武田主査、
JA全農おかやまの豊田様、はっぴーち、
皆様、大変お世話になりました110.png



[PR]
by okajirushi | 2017-07-22 14:52 | 食育