安政柑と清見オレンジ

3月も下旬になり、「もう春が来るのかなぁ」と、思いきや

まだまだ寒いですね025.gif

そうは言うものの、日中はかなり暖かくなってきました058.gif

そこで、今おすすめの柑橘を紹介します034.gif

まずは、「安政柑」!
広島県因島市の岡野末吉氏宅で発見されたのですが、
安政年間(1854~1859年)に生じたと伝えられています。

皮は黄色で分厚く、どっしりしています。
果肉は弾力があり、甘みと酸味が調和していて文旦らしいさわやかな味わいです。

大きさが特徴的で、重さが1kgほどになる大きな文旦の仲間です。

どれくらい大きいかを分かってもらうために、藤本部長に持ってもらいました。

b0171839_13321620.jpg
かえって分かりづらかったでしょうか037.gif

とにかく大きい果実です079.gif

これから暖かくなると、こういう酸味もありちょっと苦味もある果実が美味しく
感じられますよね045.gif


続いて、「清見(きよみ)」!
正式名称を「清見タンゴール」と言います。
清見は、温州みかんとオレンジの交配によって誕生した柑橘で、
温州みかんの甘みとオレンジの香りをあわせ持つ果物です。
芳香があり、果汁たっぷりでトロリとろけるまろやかな甘さは、両親の長所を兼ね備えています。
現在出てきている多くの新品種の親となっている、とても優秀な品種です。

デコポン・ポンカンと並び“平成の三大柑橘”とも呼ばれています049.gif
b0171839_13421992.jpg
召し上がる時は、スマイルカットしてどうぞ!

とってもジューシーで、果汁が溢れ出ますよ011.gif

今の時期は、いろんな柑橘類がたくさん出回っています。

その品種ごとの美味しい時期に、召し上がってくださいね016.gif

[PR]
by okajirushi | 2017-03-27 08:27 | 果物