鳥取産らっきょう漬け方講習会その2

今回紹介していただいたのは、簡単漬けです。
らっきょう酢につけて10日頃からでも召し上がれますが、約1カ月頃から美味しくなるそうです034.gif
冷蔵庫もしくは冷暗所で保存して下さい。
出来れば夏の期間は、冷蔵保存がいいそうです。

らっきょうを煮沸消毒して冷ます間に、試食がありました041.gif
b0171839_12102336.jpg
3種類を試食しました。
左から、①今年漬けた簡単漬け、②昨年漬けた簡単漬け、③昨年漬けた本漬けです。
やはり、本漬けは色が白くてきれいです。
①から順に「美味しいね」と食べていくと、最後③を食べた時にこんなに味が違うのかと思うぐらい美味しく感じます049.gif
簡単漬けだけ食べても美味しいのですが、本漬けはまず食感がプリッとしていて、しかも味がまろやかというか何というか、
「ん~、一度作って食べてみて」と言うしかありません037.gif

簡単漬けと本漬けの違いは、本漬けは2週間塩に漬ける点です034.gif
なぜ、漬けるかと言うと、らっきょうを乳酸発酵させるためです045.gif
乳酸発酵することにより、らっきょうの旨さが増してきます045.gif
ただし、独特のにおいが発生しますが、途中でやめないで下さいね034.gif

根付きらっきょうも持って来て下さいました。
b0171839_12312991.jpg
らっきょうって、こんな感じになっているんです005.gif

森本さんからいろいろお話をお聞きしました。
9月頃かららっきょうの植え付けがはじまりますが、砂地はとても熱く、厚手のソックスや足袋などを何重にも履き、作業されるそうです。
やけどされる方もおられるそうです042.gif
ほかにもらっきょう栽培の苦労話をたくさんお聞きして、本当に大変なんだと実感しました045.gif

らっきょう漬けにしても、毎年漬けておられるので、ノウハウをばっちり習得されています。
参加者の方から、いろんな質問が出ても、こうしたらいいですよとアドバイスされていました。

意外だったのが、生らっきょうの食べ方です。
らっきょう漬けするしかないと思っていましたが、なんと味噌漬けや甘露煮、さらにはかき揚げにするといいそうです049.gif
らっきょうってお肉とあうので、「らっきょうの肉巻き」がおすすめだそうです049.gif

らっきょうって「一日4粒で血液サラサラ」と言われるほど、とても体にいいですよね066.gif
ぜひ、今年はお家で漬けてみてはいかがでしょうか070.gif070.gif070.gif

最後に森本さんから、らっきょうを漬けるなら「鳥取砂丘のらっきょう酢」とすすめられました079.gif
b0171839_14251828.jpg
一般のものより酸度が高いそうです049.gif

[PR]
by okajirushi | 2014-06-10 12:23 | 市場の話題 | Comments(0)